いつでも手軽に水素水生活、水素水サーバーのいい水アシスト
お電話でのお問い合わせ先

健康のために水(水分)を補給しよう

健康のために水
水素水サーバーのいい水アシスト ホームページはこちら

地球温暖化による気温上昇の影響か、熱中症患者が増加傾向にあるようです。

そうしたこともあってか、厚生労働省では「健康のために水を飲もう推進運動」を実施しています。

ここでは健康のために水を飲むことの大切さについて紹介します。

 

1日に最低1.2ℓの水分を意識的に補給する

水分

身体の中の水分が不足すると、熱中症、脳梗塞、心筋梗塞など、様々な健康障害のリスク要因となります。(身体と水分の関係については、 コチラ

私たちは、普通に生活しているだけでも1日に2.5ℓ(尿・便1.6ℓ+呼吸・汗0.9ℓ)もの水分が失われています。食事である程度水分補給していると思いがちですが、食事中の水分や体内でつくられる水の量は1.3ℓ(食事1.0ℓ+代謝水0.3ℓ)のみです。

つまり、意識して、こまめに水を飲まないと1.2ℓの不足となってしまいます。食事以外に500mℓのペットボトル2.5本分の水分を意識手に補給する必要があります

 

効果的な水分補給とは?

水分補給

とはいっても、そんなに多くの水を毎日飲むことは難しいと感じるのでは?

水分が不足しやすい状況と、効果的な水分補給について紹介します。

 

のどの渇きは「脱水」の証拠

渇き

まず身体の水分が不足した状況と私たちの感覚の差を紹介します。喉が渇くというとランニング後などを想像すると思いますが、普段の生活の中でも、のどの渇きを感じるときは、すでに「脱水」が始まっている証拠です。何気なくオフィスでパソコンに向かっている時でも、渇きを感じてからではなく、渇きを感じる前に水分を補給することが重要です

 

「寝る前の1杯」と「目覚めの1杯」

寝る前

では、普段の生活で水分不足になるのはどんな状況でしょうか?

まず、入浴後が考えられます。入浴中はたくさんの汗をかくことから渇きを感じやすいかと思います。シャワーでも入浴程でもなくても、代謝が進むことで汗をかきます。

もうひとつは就寝中です。寝ている間というのは意識していなくても呼吸や体内の代謝などで多くの水分を使っています。起きると汗をかいていたり、トイレにいきたくなるのも、水分が不足している証拠です。

「寝る前の1杯」と「目覚めの1杯」の“あと2杯”の水を飲む習慣から始めましょう

 

まとめ

激しい運動などしなくても普段の生活でも、意識して水分を補給しないと水分不足となる恐れがあります

そのため、「のどの渇きを感じる前」と、「寝る前と目覚めの2杯」の水分補給から始めていくと良いでしょう。

健康な生活を送るためにも、水分補給を心がけることが大切です。

その水分補給として、普段の生活から『水素水』での水分補給を考えてみてはいかがでしょうか。

水素水サーバーのいい水アシスト ホームページはこちら
The following two tabs change content below.
いい水アシスト運営事務局

静岡県で水素水サーバーを販売する「いい水アシスト」です。

水素水について皆さまのお役立ちになる情報をお届けしていきますので、

よろしくお願い致します。

電解水素水はこちら
いい水アシストCM放送中

メニュー

マイクロバブルトルネードで美肌宣言 マイクロバブルトルネードはこちら
洗浄・除菌に効果を発揮 電解水はこちら

会社情報

  • 本社・静岡営業所

    〒422-8005
    静岡県静岡市駿河区池田243-2
    TEL : 054-294-7101/FAX : 054-294-7102

  • 沼津営業所

    〒411-0917
    静岡県駿東郡清水町徳倉1196-1
    TEL : 055-994-9703/FAX : 055-994-9704

  • 浜松営業所

    〒435-0038
    静岡県浜松市南区三和町295
    TEL : 053-589-4430/FAX : 053-589-4431

会社概要

お問い合わせ

フリーアクセス