太陽光発電のソーラーアシストは静岡県/静岡市・浜松市・沼津市を拠点に静岡・愛知・山梨・神奈川県の皆様の屋根に太陽光発電システムを取付けいたします。
ソーラーアシストHOMEへ

太陽光発電をもっと知りたい

蓄電池を静岡でお考えなら

知っておきたい蓄電池のポイント!

頻発する自然災害と予期せぬ停電。家族の安心のために蓄電池を・・・

長年、東海大地震発生が心配されている静岡県。
地球温暖化の影響か、地震だけでなく大型台風やゲリラ豪雨、竜巻など自然災害が頻発しています。
そうした自然災害による停電時、電気が使えないと不安がつのるばかりです。

そのような不安に備えるために『蓄電池』を導入してみませんか?

蓄電池とは・・・

もしもの停電に備えて電気を蓄え、いざというときに電気が使える、電気を貯めておくタンクのようなものです。
突然の停電でも、照明や冷蔵庫、携帯電話の充電など()に一定量の電気が使えて安心です。
日照条件に恵まれている静岡県なら、太陽光発電システムを組み合わせることで、非常時の備えだけでなく、平常時の電気代節約という経済効果も期待できます。

※停電時に使用できる機器や時間は蓄電池システムによって異なります。

やがて電気は"ためてお得に使う"時代へ

電気料金の値上がりと買取価格の低下

近年、電気料金の値上がりが続いています。
2012年から2013年にかけて、約7,000円の上昇。
消費増税、原価材料の高騰、再生エネルギー賦課金の上昇などが要因と考えられます。

年間電気代の推移

(東京電力の家庭向け電気料金の推移、平成26年8月資源エネルギー庁)

平成28年度太陽光発電の電力買取価格

その一方で、発電した電気を電力会社が買い取る価格は年々低下しています。
平成27年度から平成28年度にかけて、住宅用で1kWhあたり2円低下しています。
太陽光発電システム設置費用の低下が要因と考えられます。

住宅用(10kW未満)
    平成27年度 平成28年度 買取期間
買取価格 出力制御対応機器
設置義務なし
33円/kWh(税抜) 31円/kWh(税抜) 10年
出力制御対応機器
設置義務あり(※)
35円/kWh(税抜) 33円/kWh(税抜) 10年

※北海道電力、東北電力、北陸電力、中国電力、四国電力、九州電力、沖縄電力の地域では、平成27年4月1日以降、出力制御対応機器の設置が義務づけられます。これら地域の発電設備は「出力制御対応機器設置義務あり」の調達価格が適用されます。
また、設置が義務づけられていない地域で出力制御対応機器を設置したとしても「出力制御対応機器設置義務なし」の調達価格が適用されます。

蓄電池システムの概要

蓄電池システムの概要

JH-WB1402の仕様
システム容量 4.8kWh
寸法(幅×奥行×高さ) 630×360×705mm
充電時間 約3~4時間
設置場所 屋外
W発電 しない
保証 機器保証10年
容量保証60%(10年)

蓄電池についてわかりやすい動画はコチラからご覧ください
⇒ シャープ/動画でわかる!漫画でわかる!エネルギーソリューション

こんな不安や悩みも蓄電池があれば安心!

オール電化住宅の方
  • もしもの停電時、 電気に頼り切った生活を不安に思っている方
  • 時間帯によって異なる電気料金をうまく活用しきれず、節電してても電気代がなかなか下がらない方
太陽光発電システムを導入している方
  • 停電時、昼はいいけど、夜の電気使用を不安に思っている方
  • 晴れの日はいいけど、曇りや雨の日、朝や晩の電気料金が気になる方

蓄電池があればこんなメリットが!

停電などの非常時にも電気が使えて安心

停電時、昼は太陽光で発電しながら余った電気を蓄電し、夜は蓄電池から供給される電力で、接続した機器を一定時間使用することができます。万が一の停電時、夜でもある程度の電気が使えて安心です。

battery_img207_pro

(参考:シャープ)

電気代の節約

割安な深夜電力を蓄え、割高な電力の購入を減らして同じ量の電気を使っていても電気代を節約することができます。
※オール電化以外の方でも時間帯別電灯契約によって節約できることがあります。

battery_img02

(参考:シャープ)

曇りや雨の日、朝や晩でも安心

曇りや雨の日、朝や晩でも昼間の割高な電気の購入を減らして電気代を節約することができます。
※クラウドHEMSと組み合わせれば、天気予報に合わせて蓄電池を自動で賢く制御します。

蓄電池導入の流れ

  1. 1.現地調査
    現地調査

    蓄電池を設置する場所(スペース)を確認します。
    既存の配線の位置も確認し、スムーズな配線となる位置を選定します。
    一般的に住宅の裏側のスペースを利用することが多いです。

  2. 2.基礎設置
    基礎設置

    蓄電池を設置するための基礎をつくります。
    設置スペースを確認し、十分な大きさ、高さの基礎を設置します。
    ※一般的には簡易基礎(タイガーベース等)を使用しますが、写真の事例では、お客様のご要望で浸水対策として高さを上げた基礎を設置しています。

  3. 3.蓄電池設置
    蓄電池設置

    基礎の上にアンカーで固定し、蓄電池本体を設置します。
    蓄電池内部には、蓄電池モジュール(電気を蓄える部分)の配線を接続します
    また外部からの水の浸入を防ぐため、上面、底面にブチルゴムなどで止水処理を施します。

  4. 4.配線工事
    配線工事

    蓄電池とパワーコンディショナ、家庭内の電気系統と接続する配線工事を行います。
    既存の配線を活かして接続することで、煩雑でないきれいな仕上がりとなります。

蓄電池の設置事例

  • 熱海市

    既設の太陽光発電システム(3.00kW)に蓄電池4.8kWhを追加設置されました。

  • 富士市

    既設の太陽光発電システム(8.70kW)に蓄電池4.8kWhを追加設置されました。

  • 焼津市

    既設の太陽光発電システム(3.15kW)に蓄電池4.8kWhを追加設置されました。

  • 浜松市浜北区

    住宅の太陽光発電システム(5.48kW)の設置に合わせて、蓄電池4.8kWhを設置されました。

  • 駿東郡長泉町

    既設の太陽光発電システムに蓄電池4.8kWhを追加設置されました。

  • 藤枝市

    住宅の太陽光発電システム(4.92kW)の設置に合わせて、蓄電池4.8kWhを設置されました。

  • 静岡市駿河区

    既設の太陽光発電システム(3.18kW)に蓄電池4.8kWhを追加設置されました。

  • 静岡市清水区

    地上

    建物

    非常用電源として、建物と地上の太陽光発電システムそれぞれに蓄電池を設置しました。

  • 島田市

    既設の太陽光発電システムに追加して、蓄電池を設置しました。

お客様の声

蓄電池を実際に導入されたお客様の声です。

  • 静岡市駿河区A様 蓄電池4.8kWh

蓄電池導入を静岡でお考えなら

これから起こりうる大地震で電気が使えなくなるかもしれません。
また、電気料金の値上がりが続く中、これからは電気を自分でつくって、自分で使うことがお得になっていくと考えられます。
蓄電池を導入すれば、非常時の不安が安心に変わり、日々の生活もお得になっていきます。
静岡県で蓄電池導入をお考えでしたら、是非お気軽にお問い合わせください。

ページトップへもどる
静岡県/静岡市・浜松市・沼津市/太陽光発電のことなら株式会社ソーラーアシスト 電話でのお問い合わせ:フリーダイヤル 0800-200-1656