太陽光発電のソーラーアシストは静岡県/静岡市・浜松市・沼津市を拠点に静岡・愛知・山梨・神奈川県の皆様の屋根に太陽光発電システムを取付けいたします。
ソーラーアシストHOMEへ

太陽光発電をもっと知りたい

太陽光発電システム用語集

太陽光発電システム

太陽光発電システムとは屋根等に太陽電池を設置して、太陽光エネルギーを電気エネルギーに変換し、家庭で利用するシステムです。

太陽電池、パワーコンディショナー、電力モニタ、分電盤、接続箱等からなります。

(参照画像;太陽光発電協会)

太陽電池(モジュール)

太陽電池(モジュール)とは、光が当たると電気が流れる半導体を組み合わせたものを複数枚直並列接続して、強化ガラスと金属のフレームで覆ったパネル状のものです。

一般的に太陽電池パネルと呼ばれているものです。モジュール表面に並んだ四角い一枚をセルといいます。

(参照画像:エコタウン)

パワーコンディショナー

パワーコンディショナーとは、太陽電池で発生した直流電力を家庭で使用できる交流電力に変換し、システム全体を自動管理するものです。

また、電力会社の送電線に悪影響を及ぼさないようにする保護装置を内蔵しています。(参照画像;シャープ)

電力モニタ(リモコン)

電力モニタとは、発電電力量や消費電力量の状況を表示する装置です。

現在の発電状況の他にも履歴表示(1日単位、1ヶ月単位、1年単位)も可能です。
また、パワーコンディショナーの運転操作する機能を持った機種もあります。

(参照画像;シャープ)

分電盤

分電盤とは、パワーコンディショナーからの電力と電力会社からの電力との連系点になり、電力を建物内の各コンセントへ分配する装置です。

(参照画像;日東工業)

接続箱

接続箱は、太陽電池からの複数の系統の延長ケーブルを一旦集め、パワーコンディショナーに送り出します。

メーカーによってはパワーコンディショナーに接続箱機能を内蔵しているものもあります(シャープ等)。

(参照画像;河村電器産業)

架台(がだい)

架台(がだい)とは、太陽光電池(モジュール)と屋根を接合するための台や枠のことをいいます。そのため屋根形状や屋根材ごとに種類が異なります。

連系(系統連系)

連系とは、太陽光発電システムを電力会社の送電線に接続して運用することです。

連系には電力会社への申込手続きが必要で、手続き完了後でないと太陽光発電システムの運転開始ができません。

電圧(V・ボルト)

電圧とは、電気を押し出す力です。電圧が高いほど多くの電気が流れます。

電流(A・アンペア)

電流とは、電気の流れる量です。

電力(W・ワット)

電力とは、電気が仕事をする力です。電力(W)=電流(A)×電圧(V)で表します。

電力量(Wh ワットアワー)

電力量とは、電気を使った量です。電力(W)×時間(h)で表します。

蓄電池

蓄電池とは、充電することによって電気エネルギーを蓄えておき、必要に応じて電気エネルギーを取り出すことができる電池です。

二次電池・充電池・バッテリーとも呼ばれています。

(参照画像;シャープ)

HEMS(Home Energy Management System ヘムス)

HEMS(ヘムスと読みます)とは、Home Energy Management System(ホームエネルギーマネジメントシステム)の略で、センサーやIT技術を活用して、住宅のエネルギー管理、省エネを行うシステムです。

(参照画像;シャープ)

ページトップへもどる
静岡県/静岡市・浜松市・沼津市/太陽光発電のことなら株式会社ソーラーアシスト 電話でのお問い合わせ:フリーダイヤル 0800-200-1656