太陽光発電のソーラーアシストは静岡県/静岡市・浜松市・沼津市を拠点に静岡・愛知・山梨・神奈川県の皆様の屋根に太陽光発電システムを取付けいたします。

太陽光発電を取り付けたい

どんな屋根や環境が太陽光発電に適しているの?

一体型の設置方式は屋根材そのものに太陽電池を組み込んでいますので、デザイン面からも見栄えの良いすっきりしたパネルが設置できます。ただし一体型の場合は、家を改築する場合や新式の太陽光パネルに取り換える場合に苦労しますので、このあたりを良く考えておく必要があります。組み込み型のメーカーハウスを購入する場合にも同じことが言えます。もしも新式に交換する場合にどのような条件になるのか、どのような工事が必要になるのか良く確認しておく必要があります。

屋根の形状

切妻屋根 入母屋 寄棟屋根
片流れ
陸屋根 折板屋根

片流れ・切妻が最適です

この中では片流れ、切妻が太陽光を一番広く受けやすい形状になっているので、最も発電効率が良さそうです。
寄棟の場合、東西南の三面に設置することも出来ますが、多少コストが上がります。
また陸屋根・折板の場合、架台にて角度を付けるため多少コストが上がりますが、裏面に隙間が出来るため、 パネル面が冷やされることにより発電効率は上がる傾向にあります。
※設置する地域や天候特性により変わります。

太陽光発電に適した条件

南向き・傾斜30°の屋根が最適です

太陽光エネルギーを電力に変換する「太陽電池モジュール」を設置する場合、最も理想的なのは日射量の多い「真南」ですが、東西面に設置しても高い効果が望めます。南面を100%とした場合、南東・南西では約96%、真東・真西でも約85%を確保できます。
また、屋根の傾斜については「30度」前後が理想的ですが、「30度」を100%とした場合「20度」でも約98%を確保できます。
また、屋根材の材質としては、金属・スレートが設置しやすくコストも抑えられます。

太陽光発電に適さない環境

太陽光発電は、その名の通り太陽光(日の光)をエネルギーに変換して電力を供給するシステムですので日射量が十分でないとその性能を発揮できません。条件として次に当てはまる場所は、太陽光発電に不向きかと思います。

  • 高い樹木に南側(又は南西・東南)の日光が遮られている場所
  • 隣接する土地に高層ビル(又はマンション)がある場所
  • 近隣に高層ビルの建設予定がある場所
  • 住宅密集地のため隣接する建物の影に入る時間帯が長い場所
ページトップへもどる
静岡県/静岡市・浜松市・沼津市/太陽光発電のことなら株式会社ソーラーアシスト 電話でのお問い合わせ:フリーダイヤル 0800-200-1656