太陽光発電のソーラーアシストは静岡県/静岡市・浜松市・沼津市を拠点に静岡・愛知・山梨・神奈川県の皆様の屋根に太陽光発電システムを取付けいたします。

太陽光発電を取り付けたい

どんな屋根や環境が太陽光発電に適しているの?

太陽光発電システムは、屋根の形状や設置する環境によって、発電量が大きく異なります。
ここでは、どんな屋根や環境が太陽光発電の設置に適しているのか説明します。

屋根の形状

日本の住宅は、切妻屋根や寄棟屋根をはじめ、陸屋根や折板屋根など屋根の形状は様々です。
屋根の形状ごとに、太陽光発電システムを設置した場合の特徴を紹介します。

切妻屋根
切妻屋根

屋根が2方向を向いており、大きな屋根面積を確保しやすいので、太陽光発電に向いている屋根です。
南向きの屋根面が理想的ですが、東西面でも2面設置により多くのパネルを設置することができます。
片流れの一面設置で南向きの屋根が太陽光発電に最適です。

切妻屋根の設置事例はコチラ

寄棟屋根
寄棟屋根

屋根が4方向を向いており、一つの屋根面が小さくなりますが、北面を除く3面に設置することができます。
切妻屋根に比べ設置コストはやや高くなりますが、寄棟屋根用の三角形のパネルを利用することで多くのパネルを設置することができます。

寄棟屋根の設置事例はコチラ

陸屋根
陸屋根

傾斜のない平らな一面の屋根で、鉄筋コンクリートや鉄骨系の住宅に多いです。
屋根に土台となる基礎をつくり、パネルを取り付ける架台を設置します。
強固な基礎としっかりとした防水処理が必要となり、設置が難しい屋根もあります。

陸屋根の設置事例はコチラ

折板屋根

折板屋根

山と谷が交互となった「www」の断面形状をした金属屋根で、工場や倉庫に多いです。
屋根に架台を取り付け、パネルを並べるように設置します。
より多くの発電量を得るためにパネルに傾斜をつける場合もあります。

折板屋根の設置事例はコチラ

片流れ・切妻が最適です

この中では片流れ、切妻が太陽光を一番広く受けやすい形状になっているので、最も発電効率が良さそうです。
寄棟の場合、東西南の三面に設置することも出来ますが、多少コストが上がります。
また陸屋根・折板の場合、架台にて角度を付けるため多少コストが上がりますが、裏面に隙間が出来るため、 パネル面が冷やされることにより発電効率は上がる傾向にあります。
※設置する地域や天候特性により変わります。

太陽光発電に適した条件

太陽光発電は屋根の方位や角度によって発電量は大きく変わります。そこで太陽光発電に適した方位や角度などの条件を紹介します。

屋根の方位

太陽光パネルの発電量に最も大きく影響するのが屋根方位(屋根面の方角)です。
発電効率の目安として、南面を100%とすると東西面では約85%となります。
この発電効率を考慮して最も発電が期待される南面に多くのパネルを設置すれば、システム全体として大きな発電量が期待できます。
特に新築住宅で太陽光発電設置をお考えなら、屋根方位を考慮した設計を検討すると良いでしょう。

屋根の角度(設置角度、勾配)

一日を通じて太陽光を最も効率的に受けられる屋根角度(設置角度、勾配)は30°といわれています。
ただし、この最適な屋根角度と違っていても大きく発電効率が低下することはありません。
上の図にように、30°を100%とした場合、20°でも98%の発電効率を確保することができます。

南向き・傾斜30°の屋根が最適です

太陽光エネルギーを電力に変換する太陽光パネルを設置する場合、最も理想的なのは日射量の多い「真南」ですが、東西面に設置しても高い効果が望めます。
また、屋根の角度(勾配)については、「30°」前後(5.5~6寸勾配)が理想的ですが、「30°」を100%とした場合、「20°」でも約98%を確保できます。
ただし、理想の屋根方位や角度と違っていても、太陽光パネルのレイアウト(配置)を工夫することで、発電量アップが期待できます。
屋根の条件が悪いとあきらめる前に、どのぐらいの発電量となるか、一度ご相談ください。

屋根材によって異なる施工方法

太陽光発電システムの施工方法は、屋根材(スレート、金属、瓦等)によって異なります。
屋根材によっては設置できないメーカーや、施工が難しい場合もあります。
基本的な屋根材とその施工方法について「太陽光発電システム施工方法」をご覧ください。

太陽光発電システム施工方法はこちら

太陽光発電に適さない環境

太陽光発電は、その名の通り太陽光(日の光)をエネルギーに変換して電力を供給するシステムですので日射量が十分でないとその性能を発揮できません。条件として次に当てはまる場所は、太陽光発電に不向きかと思います。

  • 高い樹木に南側(又は南西・東南)の日光が遮られている場所
  • 隣接する土地に高層ビル(又はマンション)がある場所
  • 近隣に高層ビルの建設予定がある場所
  • 住宅密集地のため隣接する建物の影に入る時間帯が長い場所

屋根一体型の場合、デザインとメンテナンス性を考えておく

一体型の設置方式は屋根材そのものに太陽電池を組み込んでいますので、デザイン面からも見栄えの良いすっきりしたパネルが設置できます。ただし一体型の場合は、家を改築する場合や新式の太陽光パネルに取り換える場合に苦労しますので、このあたりを良く考えておく必要があります。組み込み型のメーカーハウスを購入する場合にも同じことが言えます。もしも新式に交換する場合にどのような条件になるのか、どのような工事が必要になるのか良く確認しておく必要があります。

新築に限りますが、屋根一体型のようなスッキリしたデザインと、後からでもパネルの取替えができるメンテナンス性を兼ね備えた設置方法が『シャープ屋根全面システム』です。
新築時に屋根いっぱいに太陽光パネルを設置したい方におススメです。
詳しくは『シャープ屋根全面システム』をご覧ください。

どんな屋根や環境でも最適な太陽光発電システムをご提案します

太陽光発電システムは、設置される屋根や環境によって使用する太陽光パネルや架台などの機器が違う、オーダーメイド型商品です。
住宅の一部として、長い間にわたってお客様の生活を快適にする商品だからこそ、お一人お一人にピッタリな太陽光発電システムをご提案させていただきます。

また、設置してもメリットが見込めない場合は、お客様に設置をおススメしないこともあります。
お客様に最適な太陽光発電システムを提案できなければ、お客様の幸せなソーラーライフにつながらない」と考えるからです。

あなただけの世界にひとつだけの太陽光発電システム太陽光発電のプロがご提案いたします。

一度、あなたの屋根を診させてください。
お問い合せお待ちしております!

ページトップへもどる
静岡県/静岡市・浜松市・沼津市/太陽光発電のことなら株式会社ソーラーアシスト 電話でのお問い合わせ:フリーダイヤル 0800-200-1656