静岡の太陽光発電の販売・取り付け・施工は静岡サポートセンター!

電気自動車を「走る蓄電池」に。三菱V2Hシステムの特徴とは?

2017/09/02

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0

2017年7月25日(火)、島田市のN様邸、三菱V2Hシステム、ご契約いただきました。

V2Hシステムとは、太陽光発電などでつくった電気を電気自動車(EV)にためるシステムのこと。

さらにためた電気を家庭内で使用することもできます

電気自動車

このページでは、三菱V2Hシステムの特徴と仕組み家庭用蓄電池と比べたメリットについて詳しく紹介します。

 

太陽光でつくった電気を、電気自動車にためてつかえる三菱V2Hシステム

そもそも「V2Hってなに?」と言う方も多いと思いますので、V2Hの紹介から太陽光発電と組み合わせてできることを説明します。

そもそもV2H(「Vehicle to Home」)とは

V2Hとは「Vehicle to Home」の略クルマにためた電気を家で使う仕組みのことです。

普段家で停まっているクルマも蓄電池として使うことができます。

住宅とクルマ

蓄電池と聞くと、「値段がまだ高い」とか「非常時以外のメリットがない」という印象を持っているのでは?

そのような中、注目されているのが「電気自動車を走る蓄電池に」がコンセプトのV2Hシステムです。

電気自動車と太陽光発電

V2Hがあれば、非常時にはためた電気を家庭で使用し、平常時には電気自動車として使用することができます。

また太陽光パネルで発電した電力の中で、家庭で消費しない分を電気自動車にためておくことや電力会社に売ることもできます。

これからのクルマは、移動手段だけでなく、非常用電源としても活用することが当たり前の時代となるかもしれません。

 

三菱電機のV2Hシステム「SMART V2H」でできること

三菱V2Hシステム「SMART V2H」を導入するとできるようになることは大きく3つあります。

 

1.エネルギーの自給自足をアシスト

自給自足

太陽光発電でつくった電気を電気自動車(EV)にためることができます。

昼間に電気自動車にためて、夜間に使用することで、電気をなるべく買わない自給自足生活も夢ではありません

 

2.電気の安い時間にためて節約

節約

電気代の安い深夜電力時間帯に電気自動車に電気をためて、昼間に使うこと電気代を節約することができます。

真夏の昼間など電力需要が増えるひっ迫期に電気の購入を抑えることで、エネルギーのピークシフトに貢献します。

 

3.停電が起きても安心

停電時の動き

停電しても電気自動車にためた電気が生活をバックアップします。

太陽光が照っていれば、停電中でも太陽光発電から電気自動車への再充電ができるので安心です。

家庭内のコンセントでいつもの電化製品(最大約6kVAの電力)を使うことができます。

 

家庭用蓄電池と比べたV2Hのメリット

今までの3つの特徴は、程度の差はありますが家庭用蓄電池でも得られるメリットです。

家庭用蓄電池と比べたV2Hならではのメリットを3つほど紹介します。

 

1.普段はクルマとして使え、もしもの時は非常用電源に!

停電時のV2H

普段は電気自動車として移動手段に使うことができ、太陽光で発電した電気でクルマを走らせるので環境にもやさしい生活が送れます。

停電や震災などで電力供給が寸断されてしまった場合でも、電気自動車から電気を取り出して家庭の電気として使えるので安心です。

例えば、日産自動車リーフの総電力量は30kWhなので、移動手段としても蓄電池としても使える大容量です。(※)

※電気自動車に搭載の蓄電池の総電力量はV2H接続時に実際に使用できる容量とは異なります。

 

2.停電時も通常コンセントで、多くの電化製品の使用OK

家庭内の電気

一般的な家庭用蓄電池では、あらかじめ設定しておいた特定回路のコンセントしか非常時に使うことができません

停電という非常事態を想定してコンセントや電化製品を決めるのは誰でも難しいものです。

一方、V2Hは住宅の分電盤に接続するため、家庭内の通常コンセントでいつもと同じ電化製品を使用することができる安心感があります。

 

3.クルマの充電時間を大幅に短く

充電

家庭用蓄電池と比べたメリットではありませんが、V2H機器を使った充電は、普通充電ケーブルを使った充電に比べ、充電時間が大幅に短縮されます

例えば、「三菱i-MiEV(アイ・ミーブ)」なら普通充電で約7時間のところ、SMART V2Hなら約3.5時間で充電できます。

EV(電気自動車)やPHEV(プラグインハイブリッド)の使用を考えている方、もしくは使用している方は、V2Hの導入を考えてもいいかもしれません。

 

V2Hは太陽光発電と組み合わせることで更なる価値を

SMARTV2Hの特徴

これまで太陽光発電を前提にしたメリットを紹介してきましたが、3つ目のメリットのように太陽光発電がなくても、V2Hだけでも十分メリットがあります。

ただ、そのメリットも太陽光発電と組み合わせることで何倍にも高めることができます

同時に、電気自動車(EV)を動かすエネルギーの節約やより環境に優しいエネルギー利用といった付加価値もつきます。

SMART V2Hなら、電気自動車(EV)・太陽光発電(PV)・系統電力(電力会社からの電気)の3つの電気を同時に制御できるので、ライフスタイルに合わせた電気の使い方ができます。

 

静岡県で太陽光発電を設置しているなら「走る蓄電池」はいかがでしょう?

太陽光発電を設置している方、または電気自動車を使っている方、「走る蓄電池」V2Hの導入を考えてみてはいかがでしょう?

電気を、太陽光発電でつくる電気自動車にためる家庭でかしこくつかう環境に優しく、快適で、安心な生活を実現します。

V2H生活

静岡県内のお住まいの方で、三菱V2Hシステムの導入をお考えでしたら、是非弊社まで一度お問い合わせください。

ご相談だけでも結構です。お気軽にどうぞ。

 

(参考 : 三菱V2Hシステム )

PAGETOP